Beluga ノート

ドルフィンスクール ベルーガ 水野京子のブログへようこそ!
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< ギランバレー症候群 その7 | main | 緊急!産婦人科医の危険性 >>
ギランバレー症候群 その8
ギランバレー症候群 七転び八起き その8

GWも、ラスト1日となり、皆さんそれぞれに楽しい休日を過ごされましたか?お仕事の方はお疲れ様です!私もダイビングと、カフェ の営業と、多くの方に笑顔を頂けて、幸せでした。本日もカフェ ベルゥーガにて、お待ちしています。(*^_^*)

5月は、私にとって、良い事、悪い事がいつも一度に来る月でした。3月のボホールツアーの事や、4月のマルシェやいろいろな出来事をブログに書きたい!と思いながら、足早に過ぎる時間に追い越されています。
過去のギランバレーの話しをまた、少し書きましたので、お時間ある方はお寄り下さいませ(^-^)

「10年前に突然かかった10万人に1人という難病。半分が突然死、残り25パーセントは車椅子生活。あと残り25パーセントの無事復活となり、水中写真世界大会にも出場出来た経緯までを書いてます。何より、この病気を知っておいてもらえる事で、自分や身近な人が、1人でも早く気が付いて、助かって欲しいです。発見が早ければ死なない、治療が早ければ後遺症も少ない。治療やリハビリ中の事など、少しずつですが書いていきます。」

8章 高額な医療費

早期発見と、即座に治療に入ったために、命は救われた。僅かずつても、感覚は戻り始めている。呼吸器機関にまで症状が進んでいなかったので、普通に会話も出来るし、酸素に繋がれる人生でもなくなった。あとは、リハビリさえ頑張れば、元のように歩けるようになるはずだ。

医療が進んだ事に、有難い気持ちでいっぱいだった。今までも散々入院したり手術したり、数える事、両手では足りない。それでも、両手両足の数程は、ない。もう、ここら辺でそろそろ病院とのお付き合いも卒業したいところだ。

この、ギランバレー症候群を発病したのは49歳。始終苦しい49?などと、いつもの調子で、オヤジギャク的なフレーズが頭によぎる。
人生の半分は、病気いろいろと経験してお医者さんにお世話になり、残り半分の人生は、病院とは無縁な健康体!っとなれたら嬉しいのだか、果していかに?

病気になると、とかく無駄なお金がかかる。もちろん治療のためにかかるのだから、無駄とは言えない。でも、働いて多少なりとも貯まったら、遊びに使いたいのはみんな同じはず。すっかり病院へつぎ込んでは、悲しい話し。そして今回も、何も不摂生がたたって発病した訳でもないのに、莫大なお金がかかる!

治療法を主治医の先生から説明を受けて、そしてかかる治療費について、聞かされた、その額180万円!??なんでやー!!

血清グロブリンという、ヒトの血液から採取したこの点滴が、えらく高いのか。5日間ひたすら打ち続ける。そしてこれからの検査なども、かかるのだろう。
手術する訳でもないし、ただ、ベットに横たわり点滴受けるだけなのにー?この、無色透明な液体は、金やプラチナか?金属アレルギーだし、装飾に興味ないので、金やプラチナは、いらないけど、この点滴は、必要だ。今日もまた、何万円使うのか??

毎日、面会に来てくれる夫が、少し嬉しそうな表情を浮かべて入って来た。

「高額医療費制度」と言うのがあるらしく、事前に一定額以上の負担を代理で支払いをしてくれて、高額なお金を準備しなくても良いらしい!

自費負担して支払いした後から、申請していた費用が戻るのは知っていたが、事前にその分を国民健康保険から出て、実質の治療費用としては、ひと月あたり8万そこそこだけで済むらしい!

これは嬉しい話しだ。
夫のトムさんと、手を取り合ってイエ〜ッとハイタッチ。は、出来ないけど、良かったねー、と笑い合った。

不安が、急に明るい兆しとして、見えて来た。命は助かっても、また馬車馬のように働いて稼がなくちゃいけないのかと、病気を恨む気持ちが、「ま、いーか、」と、少し心が広くなった気がした、現金な私。?(まぁ、この人は、ほっといても働く人ではありますが〜笑)

それでも、お勤めではなく自営だから、休んでいればお金にはならない。そして、治療費プラス諸々がかかる訳で、そうそう、うかうかもしていられない。これが、有閑マダムなら、「寝てればいーのね?なら、ゆっくりしてるわぁー」などと、テレビを見て過ごせるかもしれない。

しかし、人生で「有閑マダム」をした事は一度もない自分には、ただ横たわるだけの時間は、大変貴重で、大変退屈な時間でもある。

。。。鯛が靴履いて、ゾロゾロと歩いているのが見える(笑)。。。

まぁ、これを楽しんでみるか?とも思ってみたり。回遊魚と呼ばれる自分、まずじっとしていない自分は、普段は動き回り、働き周り、そして合間の時間は、海へ行きダイビングを教えたり楽しんだり!

ダイビングをして海の中にいる時が、唯一の、身体が休まる時かもしれない。あの浮遊感と、音のない、喋らない会話のない世界。
広い大自然の中で、間違いなく存在している事、そして、日頃の悩みはとてもちっぽけである事に気がつく時間。海は、優しく時に厳しく、その中で、あらゆる生物は、命の営みを続けている。

また、海に潜るのだ!まずは、歩けるようになって、また頑張って働いて、そして、大好きな海に、ご褒美の時間をもらう。

待ってろよー!愛する海!


しかし、待っていたのは、まずはあの、検査。。死ぬ。。。

続く。。


********************
Beluga.LLC ベルゥーガ合同会社
ISO 24803 認証
代表社員 水野京子
docomo iPhon 090-2203-5244
〒413-0026 熱海市梅花町2-8 ベルゥーガビル 
(クラブハウスも同じ住所となります)
TEL 0557‐48‐7751
FAX 0557‐48‐7752
http://beluga-llc.com/
info@beluga-llc.com
dolphinkyoko@gmail.com
フェイスブックアカウント
「kyoko.mizuno.75 https://www.facebook.com/kyoko.mizuno.75
PS.フェイスブックの友達申請には、メッセージをお願いします。

お問い合わせ・お申し込みは…
http://ws.formzu.net/fgen/S56863960/

☆熱海初のタップルーム☆
クラフトビールとロシア料理「café Beluga」
熱海市咲見町9-7 TEL 0557‐48‐7751
熱海駅徒歩6分(大江戸温泉近くセブンの先)

カフェ ベルゥーガ フェイスブックページ
https://m.facebook.com/beluga2016atami/
********************

| 京子のひとりごと | 09:54 | - | - | ↑PAGE TOP