Beluga ノート

ドルフィンスクール ベルーガ 水野京子のブログへようこそ!
CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
PROFILE
MOBILE
qrcode
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
SPONSORED LINKS
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< ギランバレー症候群 その3 | main | ギランバレー症候群 その5 >>
ギランバレー症候群 その4
ギランバレー症候群 七転び八起き その4

「10年前に突然かかった10万人に1人という難病。その後25パーセントの生き残りとして復活して、水中写真世界大会にも出場出来た経緯を書き残していこうと思います。」

4章 転院

練馬総合病院の先生から、宣告された病名は、今まで聞いた事もなく、まるでピンとこなかった。ただ、急を要している事は、伝わった。

今夜中に、その、ギランバレー症候群の治療を始められる病院への転院を勧められ、このままここに居ても、自宅へ帰っても、治療を受けなければ、死が待っている?

もう、私は動けないので、運転も無理そうだと、トムさんへ伝えていたので、ちょうど店に来ていたダイビングの友人と一緒に、病院へ来てくれていた。そのため、その友人に運転してもらえる事となり、早急に転院の手続きを取り、出発する事に。

ますます、身体は自由がきかなくなってくる。訳のわからないその状況を、なかなか素直に受け入れられない。

転院先の、日大光が丘病院の駐車場に到着すると、車の外には車椅子が用意された。そこへ、移ろうとしても、私は、ダルマさんのようになっている。身体だけ倒れて、手足は身体を支えることも出来ないので、危うく車のシートから、転がり落ちそうになる。

「わあ!なんでー?無理無理!助けてー!」

トムさんと、友人とがギリギリセーフでキャッチして、抱えて車椅子へと座らせてくれた。その様子に、2人もこれは尋常じゃない事が起こっている、と言葉を失っている。

車椅子を押してもらいながら、診察室へ入ると、中年の先生が、私の手足の感覚を調べ始めた。洋裁で使う印付けのルーラーのようなギザギザの付いたもので、手足の皮膚の上を転がしている。それを見ている私は、触られている感触がない。

同じそのルーラーのようなもので、顔や首筋を触られると、ものすごく痛い!ギザギザの突起は、容赦なく皮膚を刺激する。
「痛い痛い!」

また、手や足の上を転がす。

私の肘から下と、膝から下が、ない!
見えてはいるのに、ない!
まるで、感覚のない、手足、右も左も同じように、何も感じない!

先生は、頷き、すぐ入院する事に同意を求め、こちらも了解した。その時すでに、もうそろそろ終電もなくなろうという時間になっていた。運転して連れて来てくれた友人に感謝して、やっと帰ってもらった。

主人は運転をしないので、その友人のおかげで車を移動させて転院先に連れて来てもらえた。恩人の1人である。

病室へ通されると、4人部屋ですでに消灯時間も過ぎ、真っ暗な中、運ばれてベットへと横たわり担当医を待った。

ベットの枕元の灯りのみで、夫婦で無言で待つ時間は、とても長く感じた。やがて、点滴の準備と共に、やや若いロングヘアーを後ろでまとめた、今風の男の先生が入って来た。

「今回の病状からして、ギランバレー症候群である事に、ほぼ間違いないと思います。一刻も早く、治療に入る事が、今の医療での後遺症を少なく出来るただ1つの手立てです。」

静かに優しく、そして声の奥には強いものを持って、眼鏡の奥の目は語りかける。薄い唇には、やや冷淡さを感じながらも、その先生は冷静に説明を続けた。

「治療法は、血清グロブリンという、人の血液から作られた製剤を、5日間、点滴によって体内へひたすら送り込みます。体内で、間違って暴れている免疫細胞の、末梢神経への攻撃をやめさせるには、これしかありません。」

説明も大事だか、もう早く治療に入りたいと言わんばかりに、全ての準備は整っている。

私は、ふと、不安を感じて質問した。

「治療法は、それしかないのは分かりました。すぐに始めないといけないのも分かりました。その費用はかなりかかるのですか?」

「治療法はこれしかなくて、初期費用もかかってしまいます。薬代として、最低180万からはかかります。」

は?180万円?
高い!しかし…
それが私の命の値段?
安くないか?

など、頭の中では、混乱が始まった。

「すぐに治療を始めて下さい!」

トムさんは、髪を束ねた先生へ向かい、頭をわずかにもたげた。お金に余裕などないけれど、やるしかないだろ!迷う猶予はないんだ、と、その横顔が覚悟を決めている。

先生は、バインダーを差し出し
「治療を始めるにあたって、誓約書にサインが必要なんです」

その中に書かれていた事は?

5章へ続く

​********************
Beluga.LLC ベルゥーガ合同会社
ISO 24803 認証
代表社員 水野京子

docomo iPhon 090-2203-5244

〒413-0026 熱海市梅花町2-8 ベルゥーガビル 
(クラブハウスも同じ住所となります)
TEL 0557‐48‐7751
FAX 0557‐48‐7752
http://beluga-llc.com/
info@beluga-llc.com
dolphinkyoko@gmail.com

フェイスブックアカウント「kyoko.mizuno.75
https://www.facebook.com/kyoko.mizuno.75

お問い合わせ・お申し込みは…
http://ws.formzu.net/fgen/S56863960/

☆熱海初のタップルーム☆
クラフトビールとロシア料理「café Beluga」
熱海市咲見町9-7 TEL 0557‐48‐7751
熱海駅徒歩6分(大江戸温泉近くセブンの先)
********************
/>
| 京子のひとりごと | 23:01 | - | - | ↑PAGE TOP